fmail


メール送信フォームプラグイン

fmail.inc.php


Usage: #fmail(設定ページ[,言語ページ])

V2.0  mb_send_mailに送信部を変更
   言語変換ページを作成、日本語ページでも英語の問合せページ
   が作れるようになった。
   V1.0と単純に置き換え可能
V2.1 入力条件の1つめをチェックしていなっかたBUGFIX
V2.2 日本語の半角カタカナ、を全角に変換
V2.3 ラジオボタンの先頭を選択した状態にする

言語ページを作成すると、他の国の言葉に置き換えることができる。
Pukiwiki の場合、全体で指定してしまうので、一つのシステムで 英語用、日本語用の表示切替ができない。
このプラグインならOK


設定ページはこのプラグインを置くページと同一ではない 必ず別のページを準備すること。

設定ページの記入方法の例

//先頭文字がコマンド文字以外は無視されます。
//文字列は必ず"""で両側をはさむこと
//大文字のコマンドは必須項目として赤の"*"がつきます
//入力を伴わない大文字コマンドは小文字と同じです
//P,pは文字列の表示です
P,5,000000,"商品、御購入後の問い合わせ"
//A,aはメールの送付先と、送信者のアドレス,メールのタイトル、戻るためのHPのURL
// 当面トップページに戻るようにする使用していない、将来的には指定ページ
//Aコマンドの行は必須です。
//メールタイトルは未記入の場合"FR HP "と$d[0]を結合したものとなる。
A,"akko3@a-kojima.net","web@a-kojima.net","mail TTL","http://www.a-kojima.net/set/"
//T,tは文字列の入力
//ここが先頭データなので、このデータがメールのタイトルに加算される
T,お名前 ,40
t,ふりがな,40
//M,mはメールアドレスの簡単なチェックを行います
M,メールアドレス,40
t,郵便番号,10
t,住所 ,60
t,住所2,60
t,勤務先,60
t,電話番号,30
//S,sはラジオボタンで、タイトル、項目の順(先頭がデフォルト)
s,性別,男性,女性
//D,d 選択項目 タイトル、内容の順
d,年齢,20歳以下,21-25,26-30,31-35,36-40,41-45,46-50,51-55,56-60,61歳以上
P,4,red,"上記お客様の情報を弊社メールニュース等に使用することに関して"
S,データの使用,承諾します,承諾しません
T,問合せ機種名,40
//B,bはBOXタイプの文字入力
B,お問い合わせ事項,6,60

Generated by SiteDev+AT 1.4.6-6 extendsPukiWiki
Copyright © 2001-2011 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jicustomized by phpspot & AKKO.