SiteDev+ATとは?

Pukiwiki の文法で、ページ作成ができるCMSです。
同じような考えで作られたCMSとしては Magic3 などが有名です。
QHM というのもあります。他にもあると思います。
SiteDev+ATの利点は、内部に、wiki形式の引数を分り易い引数に変換する テーブルがあることです。

index.php?SiteDev%2BAT%A4%C8%A4%CF%A1%A9

これがこのページのwiki形式です.
そして

1087.html

が、PGIDテーブルを通した形式です。
元々は、「pgid」プラグインを使っていたのですが、現在は、内部に持たせてあるので 意識しないで、使用できます。
mod_rewite が設定されているサーバー(現在ではインストールされていない方が少ないけど、お名前.COMの共用サーバーSDは使えませんでした)であれば 上記のページアクセスができます。もちろん、半角英数だけのページなら そのページ名+”.html”で呼べます。
もちろんいままでの、wiki形式でも利用可能です。
mod_rewite が設定されていないサーバーの場合

index.php?1087

で使用できます。
日本語のページは、自動で、数字が割付られますので、あとで、好きな名前(半角英数)に変更してください。
admin メニューからPGIDテーブルを呼び出して書き換えるだけです。



テーブル周りの表現力を強化したので、表示されるページは Pukiwiki で作成したものとは 思えないものになっています。
PukiwikiからSiteDev+ATは、文章単位では、ほとんど互換性があります。 但し、CMSとして不必要なものは、削除又はサポート無しとしました。

  1. 携帯電話への表示サポートは行いません。
  2. 凍結はサポートしません。
  3. トラックバック サポートしません。
  4. 管理者グループ以外は書き込み/編集ができません
  5. ページごとにスキンを変更できます。

詳細内容は以下のとおりです

スキン周りの表現に関しては、上部メニューの「表示テスト」にまとめ中です。



Generated by SiteDev+AT 1.4.6-6 extendsPukiWiki
Copyright © 2001-2011 PukiWiki Developers Team. License is GPL.
Based on "PukiWiki" 1.3 by yu-jicustomized by phpspot & AKKO.